Warning: array_keys() expects parameter 1 to be array, object given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0135687/torokeru.tv/mameblog/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348

Warning: max(): When only one parameter is given, it must be an array in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0135687/torokeru.tv/mameblog/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348
Unity | まめも

Category Archives: Unity

UnityをiPhoneで試してみた

はれてiOS Developerの仲間入りしたので、ひっかかっていた証明書を落としてくる

iOS Developer Programに行って
メンバーセンター→ログイン
Certificates, Identifiers & Profilesというのがそれっぽいのでクリック!

iOS AppsのCertificatesがそれっぽいのでクリック!!

証明書っぽいのがでるので、その中にクリックできそうなCertificate Signing Request という部分があったのでクリック!!!

What type of certificate do you need?

坊やはどんな証明書が欲しいんだい?
的な事を聞かれるので、言ってやったんだ
開発(iOS App Development)するのさ! 配布(App Store and Ad Hoc)も予定してるよ!ってね

続きは[iOS Provisioning Portalがついにリニューアル! とりあえずどんなものか]が詳しいので割愛。

キーチェーンアクセスで証明書を作っておく必要はある。

証明書もダウンロードできて、キーチェーンアクセスに登録できたので、これでいけるか!?と
再ビルドしてみたけど、まだできず、、

App IDを登録する必要があるらしい

[Xcodeで実機デバッグをするまでの手順(スクリーンショット付き)]とかを参考にしつつやってみたけど、

App ID Suffixは
Explicit App IDは実際に配布する時にはユニークで取得して、
Wildcard App IDは開発用で使い回すように取得しとけばいい感じかなぁと、、

App Serviceも登録後に編集できるようなのでスルー


Unity側
Bundle Identiferを変更する
最初、APP IDだけを入れていたけど怒られたので
com.{APP_ID)
的な名前にしたら通った、、 ここら辺ルールがあるのかな

iPhone0928

という感じでビルドしたらiPhoneで表示する事ができました!
ちゃんとTouchも動いてていい感じ! 操作性はボロボロだけど!

mecanim触ってみた

モデルの骨を入れるのが一番苦労、、
blenderで頑張ってたけど、結局みじょに骨いれてもらいました。

モデルはここからDL
ってか色んなモデルがあるので、これはこれで個人でなら楽しめるかも?
製品とするなら色々問題でそうですがが

アニメーションはAsset Storeでmecanimで検索するとひっかかる無料のやつです。
Mecanim Lomotion StarterとかMecanim Example Scenesとかね!

あのアルタイルがこんなに簡単に動くのはUnityだけ!

unity触りはじめました

すっかりこの場所忘れてたり、、、!

そして別場所でブログってました。(さいごの夏侯惇をmijonkoに手伝ってもらってました。感謝!)
Ragdoll触ってみた

本来は待機モーションでも流して、玉が当たったらラグドール挙動にしたかったんですが、時間と知識と素材が足りませんでした!
プロパティを見るとjointやらコリジョンやらのコンポーネントが追加されるようなので、四肢動物にも手動でできそうな感じはしますね。
いずれやってみたいなーと思いつつ次はHTML5を触ってみたいと思い常に浮気気味。