Warning: array_keys() expects parameter 1 to be array, object given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0135687/torokeru.tv/mameblog/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348

Warning: max(): When only one parameter is given, it must be an array in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/8/7/sd0135687/torokeru.tv/mameblog/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/script-compressor/script-compressor.php on line 348
sublime text 3めも。emacs風(時々追記) | まめも

sublime text 3めも。emacs風(時々追記)


ログインすら忘れてて、1年以上放置してましたが、久々のメモ

ここ1年はお仕事の方で、webアプリ2〜3本リリースしたり、数回心折れそうになったりしてました。

で、最近新しい仕事に移ったという事&unity熱がまた発足したので、一時復活中です。

とりあえず気分転換の一つとしてエディタを乗り換えようかと思った訳で。
さよならemacs! ありがとうemacs!

と、いうわけでここからは自分用メモ。
細かいインストール方法とかは調べたらたくさん転がってるので割愛。
インストールしたパッケージとかを書いてます。

sublime text 3のダウンロード

ここからダウンロード


package control

package controlは入れなきゃ始まらない。

↑が見れなかった時の為の呪文。
View→Show Consoleに入力

import urllib.request,os; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); open(os.path.join(ipp, pf), 'wb').write(urllib.request.urlopen( 'http://sublime.wbond.net/' + pf.replace(' ','%20')).read())

sublemacsproのインストール

emacsのキーバインドにしてくれるパッケージ。
command + Shift + PでPackage controlを開き

Package Control : Add Repository

https://github.com/grundprinzip/sublemacspro

を入力。

Package Control:Install Package

sublemacspro

が出てくるので、インストール。


さらにemacs風に

カーソル移動はsublemacsproを入れるだけでemacsに近づいたけど、
ctrl + m(改行)とかが効いてない。
Preferences→Key Bindings – User
に追記。
Userの方を優先してくれるらしい。

emacsでは鬼軍曹を入れていたので、それにそった形で設定を上書きする。
多分まだ足りない

[
	// Key bindings like Emacs.
	{"keys": ["ctrl+m"], "command": "insert", "args": {"characters": "\n"}},
	// close
	{ "keys": ["ctrl+x","ctrl+k"], "command": "close" },
	// save
	{ "keys": ["ctrl+x","ctrl+s"], "command": "save" },
	// side_bar focus
	{ "keys": ["ctrl+x","l"], "command": "focus_side_bar" },
	// tab
	{ "keys": ["ctrl+i"], "command": "insert_best_completion", "args": {"default": "\t", "exact": true} },
	{ "keys": ["ctrl+i"], "command": "insert_best_completion", "args": {"default": "\t", "exact": false},
		"context":
		[
			{ "key": "setting.tab_completion", "operator": "equal", "operand": true }
		]
	},
	// find show panel
	{ "keys": ["ctrl+s"], "command": "show_panel", "args": {"panel": "find", "reverse": false} },
	// Find panel key bindings
	{ "keys": ["ctrl+s"], "command": "find_next", "context":
		[{"key": "panel", "operand": "find"}, {"key": "panel_has_focus"}]
	},
	{ "keys": ["shift+enter"], "command": "find_prev", "context":
		[{"key": "panel", "operand": "find"}, {"key": "panel_has_focus"}]
	},
]

※追記の可能性あり


Theme

SodaとかFlatlandとか試してみたけど、Phoenixに落ち着きました。

Install packegeからPhoneixを追加して、
Settings -Userに追記

	"indent_to_bracket": true,
	"phoenix_color_green": true,
	"phoenix_eighties": true,
	"phoenix_highlight_current_tab": true,
	"phoenix_sidebar_tree_large": true,
	"phoenix_solid_current_tab": true,
	"theme": "Phoenix Dark.sublime-theme",
	"translate_tabs_to_spaces": true

細かい設定はここ見ながらで。


おまけ

やたらキーリピートが遅く、KeyRemap4でも変わらないので調べてみたら

defaults write com.sublimetext.3 ApplePressAndHoldEnabled -bool false

をターミナルで叩かないといけないらしい、、
sublime2の場合は2の所を3にしたらうまくいく?

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">