出産

夜中の1時頃に吐気。
昼間にお友達が来ていて、調子に乗って食べ過ぎたせいかなぁとぼんやり考えて寝付く。

明け方5時に破水。
タクシーを呼んで病院に行こうとしても、どこのタクシー会社も営業時間外のアナウンス…
病院で紹介された会社達だろうよ!1件くらい営業しとこうよ!!
オットさんがプチパニックを起こしていた。

なんか、もう、どうしようもないから病院に歩いて行った。

病院に着くと分娩台に乗せられ、助産婦さんに診察してもらう。
こわい。テレビでみる手術室となんら変わらないからこわい。
天井のあのオウムの目みたいなライトが一番こわい。

診察の結果、まだ産まれるような段階じゃないけど、感染の危険もあるので即入院。
オットさんは居てもしょうがないからと帰されました。

まだ明け方で入院する部屋に案内できないので、陣痛室で夜を明かして!と
絶賛陣痛中の妊婦さんがいる部屋に通される。
カーテンの仕切りはあるけど、苦しんでるのが伝わってくる…!
寝れんわ!ドキドキするわ!!

朝に入院する部屋に移り、食っちゃ寝を繰り返し1日終了。

…いつ産まれてくるの?!

———————————–

破水してから2日目の朝になって、まったく陣痛が来ないので陣痛促進剤を打つことになった。
子宮口はもう5、6センチ開いてるらしいけど、痛みも何も感じない…ラッキーだぜ!

陣痛促進剤の効果は五分五分だと言われたけど、私には効果覿面だったらしく
点滴し始めて1時間もしないうちにおなかが痛くなってきた…。
10分おきに痛くなる…これが陣痛か…?

お昼過ぎて2分間隔で痛くなり、痛みも倍増して、もう産まれるんじゃないんですか?!
とナースコールをしても「あーはいはい」みたいな感じで誰も部屋に来てくれない。

えー!!

一応、オットさんに連絡をする。。

———————————–

ナースコールをして1時間後くらいにやっと助産婦さんが来てくれて、陣痛室に行くことに。
そこにはテレビがついていて、キムタクの南極大陸をやっていた。
助産婦さんは絶賛出産中の分娩室に戻っていった。

誰もいないと心細いよ…!
分娩室から絶叫が聞こえるよ…!
テレビなんか見てられないし、消したいけどリモコンが無いよ…!
そして陣痛の間隔が短くなる毎に痛みの段階がアップ。

15時30分頃、オットさんが病院に到着。
もう、痛みで意識ぶっ飛びそうです。
オットさんには例のテニスボールでお尻をおさえてもらって、
自分は手をグーにして腰を思いっきりさする。

意識が朦朧とする中、BGMは中島みゆきの「荒野より」
耳に残る・・・・何が何でもテレビを消しておけばよかった…